TOP

就活を楽勝するための情報を掲載しています。

新入社員研修は、新入社員向けに行う研修のことを言います

新入社員研修というのは、階層別研修の会社が実施するもののうち、新入社員向けに行う研修のことを言います。入社した後すぐに行われ、学生から社会人になることを目指して、会社の組織の中において業務・職務を遂行していく上で必要なスキルやビジネスマナー、知識などの基礎をマスターするために実施するものです。会社によって実施する期間は違っていますが、入社した後、1ヵ月〜3ヵ月くらいかけて実施する場合が一般的には多いようです。しかしながら、場合によっては、1年から長い場合には3年というような期間を設定して、じっくりと基礎から実施するようなところもあるそうです。このようなことは、戦力として新入社員をどのようにとらえているか、どのように人材育成に関して考慮しているのかなどによって違ってきます。集合研修を実施する場合は、集中的に自社の施設で実施するところが多くありますが、施設がないところでは、外部の機関を活用する場合もあります。


就活で重要な自己PR・成功するためのカギは

就職活動をするにあたって、自己PRは重要なポイントになります。いわば就活とは自分という商品を会社に向かって売り込みをかける場とも言えます。そこでいかに自己PRをすれば、相手に自分の良さが伝わるかを考えないといけません。そのためにはまず会社の求めているポイントに絞ってアピールすることです。そこで重要なのは会社分析です。企業がどのような能力を求めているかを分析し、その求めている能力を自分がいかに持っているかをアピールすることが重要です。その他には、喋る順番も重要です。いきなり結論から話すように意識してください。そしてなぜそのような結論が出るのか、根拠を伝えていきます。根拠は漠然としたものだと説得力に欠けます。そこで具体的なエピソードなどを交えて話すことで、皆さんの能力がどのような場面で生かされるかが面接官もイメージしやすくなります。論理立ててアピールをしていかないと、せっかくのPRも意味が半減してしまうので注意しないといけません。

企業理念、経営理念とは

企業理念はそれぞれの企業によって異なりますが、幾つか例を挙げてみましょう。派遣業などでは、社会の問題点を解決ということで、人を活かすサービスを軸に新たな雇用インフラを構築して挑戦すること。また、雇用の創造、成長、社会貢献を掲げて、企業の社会的責任を重視した活動を続けて、人々から信頼される企業とする。レンタルサービス業者では、社会に喜びの種まきとして、理解追求だけではなく、世の人々に喜ばれることを実践して、地域の人々とともに豊かな暮らしに貢献して継続的な価値の向上を考える。ネットでの比較サービスの企業では、有益な情報などを提供して、オープンでフェアな企業体で信頼を確保し、従業員が能力をフルに発揮できる組織作りを目指すということです。また、グルメのサイトでは、食にこだわる日本ならではのビジネス展開。最新情報を日々提供し、社員が夢を持てる職場環境を整えること。などです。企業理念や経営理念での頻繁に使われるキーワードとしては、社会、企業、価値、サービス、貢献、技術、創造などです。

月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ